JP損保サービス

よくあるご質問

共通

営業時間を教えてください。
A1
平日9:15~17:10です。(土・日・祝祭日・年末年始除く)
営業時間外は、本ページ最下部の「お問い合わせ インターネット」よりご連絡ください。 こちらより
保険についての相談をしたいのですが、どのようにすればよいですか?
A2
本ページ最下部の「お問い合わせ」よりお気軽にご連絡ください。
保険相談は無料ですか?
A3
はい。ご安心ください。保険に関するご相談・お問い合わせ・お見積り等は無料で行っております。
JP損保サービスはどのような会社ですか?
A4
日本郵便(株)の出資70%の子会社です。
JP損保サービスを選ぶメリットはありますか?
A5
日本郵政グループのお客さま向けにスケールメリットを活かした割安な保険商品をご用意しております。
その他、法人・個人のお客さまに対してもニーズに合わせたさまざまな保険商品をご用意しております。

日本郵政グループのお客さま向け

団体傷害補償制度

保険料の引落し日はいつですか?
A1
保険開始(7月1日)時点でご加入の方は、ご指定のゆうちょ銀行総合口座から9月24日(火)に引落しとなります。(年払保険料および月払初回保険料)
月払2回目以降保険料の引落しは、毎月24日(土・日・祝日の場合は翌営業日)となります。中途加入の方は、補償開始月の翌々月24日(土・日・祝日の場合は翌営業日)となります。
保険料を、ゆうちょ銀行以外の金融機関から引落しすることは可能ですか?
A2
本制度は日本郵政グループの補償制度につき、ゆうちょ銀行以外の金融機関からは引落しできません。必ずゆうちょ銀行の総合口座をご指定ください。
保険期間の途中で加入内容を変更したい場合、どうしたらよいですか?
A3
JP損保サービス本社(・無料)までご連絡ください。変更手続きの方法をご案内させていただきます。ご加入者ご本人様よりご連絡いただければ、お電話でお手続きが完了する場合もございます。
保険期間の途中で加入することはできますか?
A4
ご加入いただけます。ただし、払込方法は月払のみとなります。
保険期間の途中で払込方法を変更することはできますか?
A5
保険期間中の変更はできません。ご希望の方は、次回の継続時に変更手続きをお願いいたします。
保険期間の途中で脱退することはできますか?
A6
脱退いただけます。ご加入者ご本人様よりご連絡いただければ、お電話でお手続きできます。なお、脱退手続きの時の保険料の取扱いは以下のとおりです。
月払
中途脱退月の翌月まで自動引落しにて保険料をお支払いいただきます。(初回保険料の自動引落しが補償開始月の翌々月から開始されているため)
年払
中途脱退月から保険終期までの期間に応じた保険料を返れいします。
自転車保険に加入したいのですが、団体傷害補償制度に加入していれば大丈夫ですか?
A7
基本補償 [ケガの補償] および個人賠償責任オプションへのご加入で、自転車事故によるご本人のケガや、他人にケガをさせてしまい法律上の賠償責任を負った場合に備えることができます。
加入時の年令に制限はありますか?
A8
病気オプション、本人介護オプションについては、生後15日~89才までご加入可能です。基本補償 [ケガの補償]、個人賠償責任オプション、弁護士費用オプション、用品オプションについては、年令制限はございません。
現在通院中ですが、病名等がわかりません。病気オプションに加入できますか?
A9
健康状況告知の結果により、お引受の可否や条件を判断させていただきます。ただし疾病・症状名が判明しない場合(検査中等)は、疾病・症状名が判明するまではお引受を見合わせさせていただきます。

傷害総合保険(団体)

「傷害総合保険(団体)加入申込票」「自動払込利用申込書」(新規)や
「傷害総合保険(団体)加入依頼書」(継続)の提出先はどこですか?
A1
総務担当者もしくは所属部署担当者までご提出ください。
保険の補償はいつからはじまりますか?
A2
新規・継続の場合
10月1日午後4時から補償開始となります。
中途加入の場合
申込日の属する月の翌月1日午前0時から補償開始となります。
保険料の引去りはいつですか?
A3
新規・継続の場合
・一時払: 指定の口座より12月24日(土・日・祝日の場合は翌営業日)に引去りとなります。
・月 払: 指定の口座より12月24日(土・日・祝日の場合は翌営業日)に引去り開始となります。2回目以降の保険料の引去りは毎月24日(土・日・祝日の場合は翌営業日)となります。
中途加入の場合
・一時払: 指定の口座より、補償開始月の翌々月24日(土・日・祝日の場合は翌営業日)に引去りとなります。
・月 払: 指定の口座より、補償開始月の翌々月24日(土・日・祝日の場合は翌営業日)に引去りとなります。2回目以降の保険料の引去りは毎月24日(土・日・祝日の場合は翌営業日)となります。
退職した場合は、どうしたらいいですか?
A4
満期までそのままご継続いただくか、中途脱退も可能です。
JP損保サービス本社(・無料)へご連絡ください。また、ご契約者ご本人様よりご連絡いただければ、お電話でお手続きが完了します。
※次年度にご加入いただくことはできません。
※中途脱退の例(例)5月1日~5月末日までの間に脱退を申出た場合、中途脱退日は6月1日。
保険期間中に正社員へ登用された場合、どうしたらいいですか?
A5
満期までそのままご継続いただくか、保険期間の途中で正社員向けの団体傷害保険へ切替えることも可能です。JP損保サービス本社(・無料)までご連絡ください。

団体ゴルファー保険

保険金を請求したいときはどこへ連絡すればいいですか?
A1
東京海上日動安心110番(事故受付センター)にご連絡ください。
フリーダイヤル:(受付時間:24時間365日)
ホールインワン・アルバトロスを達成したときに提出する証明はありますか?
A2
保険会社所定の証明書に同伴競技者・同伴競技者以外の第三者、またはゴルフ場責任者の証明としてご署名をいただくか、記録媒体をご提出いただく必要がございます。
保険の補償はいつからはじまりますか?
A3
新規加入・更新の場合
5月1日午後4時から補償開始となります。
中途加入の場合
補償を開始したい月の前月20日までにお申し込みいただくと、翌月1日午後4時から補償開始となります。
誰が被保険者になれますか?
A4
ご加入者本人、ご加入者のご家族(配偶者、お子様、ご両親、ご兄弟、ご加入者本人と同居のご親族の方)
保険料の引落し口座は誰の口座でもいいですか?
A5
原則、ご加入者名義の口座を設定してください。ご加入者以外の名義の口座を設定する場合は、ご加入者の配偶者、親子、同居のご親族の名義の口座を設定ください。
保険料の引落しはいつですか?
A6
補償開始月の翌月24日にお引落しいたします。(24日が土・日・祝日の場合は翌営業日)

個人のお客さま向け

日本郵政グループ以外の会社に勤めています。どのような保険に加入できますか?
A1
こちらよりご確認ください。
掲載されていない保険商品については、本ページ最下部の「お問い合わせ」よりお気軽にご連絡ください。
海外旅行をするので、旅行先でのケガや病気などに備え保険に加入したいのですが、
どのように契約すればよいですか?
A2
インターネットで加入できる海外旅行保険をご用意しております。
お申込みは こちらより
友人の車をかりて日帰り旅行をしようと思っています。どのような保険がありますか?
A3
他人の車を借りて運転するときに、1日(もしくは24時間)単位でご加入ができる1日自動車保険がございます。スマートフォンで簡単に申込みいただけます。また、旅行中の怪我による入院・通院や賠償事故などを補償する国内旅行傷害保険もございます。 お申込みは こちらより
JARL会員専用の保険について知りたいのですが。
A4
JARL会員の皆さま向けの専用ページをご用意しております。 詳細は こちらより

法人のお客さま向け

会社を経営しています。
リスクに備え保険に加入したいのですが、どのような保険に加入してよいのか分かりません。
A1
さまざまな業種ごとに異なる固有のリスクなどがございます。事業活動におけるリスクを分析し、お客さまの意向に沿った保険のご提案や最適なアドバイスをさせていただきます。まずは、本ページ最下部の「お問い合わせ」よりお気軽にご連絡ください。 詳細は こちらより
社員の労務リスク(福利厚生含む)に関する保険に加入したいのですが、どのようなものがありますか?
A2
法人のお客さまのニーズに合わせた保険を多数ご用意しております。まずは、本ページ最下部の「お問い合わせ」よりお気軽にご連絡ください。 詳細は こちらより